営業時間:10:00~19:00 定休日:土日祝

〒604-8381 京都府京都市中京区西ノ京職司町69-1

コールコール シチヤ

質入新規

キャンペーン!

質入乗り換え

キャンペーン!

買取強化

キャンペーン!

質・買取10~20%増額
査定中

コロナ感染予防対策

新型コロナウイルス感染

予防対策実施中!

マスク着用・毎日検温・アルコール消毒の徹底・コイントレーでの受け渡し。


(直接接触感染防止の為)など
コロナ感染予防対策

お知らせ

  • 7月22、23日(祝)は通常通り営業いたします。
  • 8月9日(祝)は通常通り営業いたします。
  • 8月13日(金)はお休みさせて頂きます。

質・買取
おかげや

質屋とは/質屋の歴史

質屋とは、いつの時代もお客様の一助になる。

その昔、鎌倉時代~現在に至る令和まで700年以上も続いている歴史があると言われ、庶民の金融機関として、多く人々に活用され、方々の生活を支える価値あるお仕事です。

質屋業

今も昔も基本的な仕組みは変わらず、お客様の品物を(担保/質草)として預かり、その査定額の範囲内で金銭を貸し出します。めんどうな審査や手続きはなく、身分証明書と品物だけでどなたでもご利用いただけます。また、質屋は貸金業ではなく、質屋営業法に基づいて営業をしています。期限までに質料のお支払いがない場合は、お品物の所有権がお客様から質屋に移ります。お客様は品物を失いますが借入金や質料の支払いを免れます。

質契約

質契約は金融と違い、お電話での催促やご訪問による集金など一切ありません。優良で安心な仕組みと言えます。刻の困っている人の力になる、質屋の屋台骨ではないでしょうか。品物は世相を映し出す鏡であり、その時代の背景を描きます。江戸時代には着物、お米、布団、鍋、大工道具、キセル、刀剣が主流でした。バブル期以降は、ブランド品、宝飾品、金、骨董品、絵画などの高級品や貴重品が大部分となります。

平成、令和ではパソコン、スマートフォンを質に入れることも珍しくありません。次世代、AI時代の様相でも、質屋業は、確かな役割を担い、成長し活躍していける稼業と考えています。

クリックしてお入りください

LINE

LINE査定
はじめました

LINEアイコンorQRから

友達追加をお願いします

手軽に査定

簡単3ステップ

ロレックス・オメガ・パネライ・IWC・パテックフィリップ・ブレゲ・オーデマピゲ・ウブロ・ルイヴィトン・エルメス・シャネル・プラダ・グッチ・ボッテガヴェネタ・クリスチャンディオール・フェンディ

期間限定

LINE査定